導入したERPを経営に効果的に活用するには、ERPの導入に失敗しないだけでは片手落ちです。

なぜなら、導入したERPを経営に効果的に活用できる人材の有無が、高額な投資をして導入したERPを経営に効果的に活用できるかどうかを、決定的に左右するからです。

ERPを経営に効果的に活用できている3つの状況とは?

  • 経営者が、ERPが自分の経営意思決定に役立っていると実感できている
  • 経営者が、前日までの損益を数字で把握できている = 日次決算ができている
  • 経営者が、データを必要な切り口で簡単に(マウス操作だけで)解析できる仕組みがある

ERPを経営に効果的に活用できる人材に必要な7つのスキル

  1. 現場での実体験で獲得したIT全般への包括的な理解
  2. ERP対象部門の責任者と議論できるレベルの業務知識
  3. プロジェクトの構築&管理能力、チームワークの醸成力
  4. 迅速かつ的確に意思決定できる力量
  5. 現行の業務プロセスを分析/見える化できるスキル
  6. 部門横断での業務改革の継続的な推進力
  7. ERP特有の導入方法論への深い理解

ERPを経営に効果的に活用できる人材に必要な7つのマインド

  1. 誰にも負けない熱意
  2. 成し遂げる覚悟
  3. 不退転の決意
  4. 的確な判断力
  5. 土壇場の決断力
  6. 粘り強い努力
  7. 責任を取る勇気

上記に記載しているスキルやマインドを持っている人材は、上場企業でも15社に1人程度しかいません。

尚、スキルは獲得できますが、マインドの獲得は困難です。経営のコツを教えられないことと同じです。

なので、7つのマインドを持つ社員に7つのスキルを学ばせることが、経営にERPを効果的に活用できる人材を養成する秘訣です。