このページのコンテンツは、弊社の代表(iTMC 鎌田)が、複数のユーザー企業でのERP管理者としての実体験に基づいて書いている。

失敗すると会社で居場所がなくなってしまう立場でERPと関わってきた。

一方で、ERPベンダー各社のERP関連のコンテンツやERP関連の書籍は、ERPコンサルタントが、記載/執筆している。

その立場の違いが、ERPベンダーやERPコンサルタントのコンテンツに書かれているノウハウとの違いを生み出していることに気づいてほしい。

ERPベンダーのERPコンサルタントの役目は、ERPを本番稼動させるところまで だ。

企業のERP導入リーダーの役目は、ERP導入の所期の目的を達成させるところまでだ。

この違いを認識することは、導入したERPを経営に効果的に活用するための要諦だ。