弊社には、いわゆる競合他社に該当する企業は、国内にはいません。国内のERPベンダーのERPコンサルタントは、私(iTMC 鎌田)にとって指導の対象だからです。

ERPベンダーのERPコンサルタントには、ユーザー企業でのERP導入推進者としての実体験がありませんが、私には、ユーザー企業でのERPの導入や稼働しているERPの活用推進の実体験が豊富にあるということです。

この立場の違いがERP導入の成否に関わる実践的なノウハウに熟知しているかどうか の違いを生み出しています。

企業でERPの導入を推進するリーダーにとって、最も関心があることは、プロジェクトメンバーのモチベーションです。

ERPベンダーのERPコンサルタントの関心事は、Q(品質)、C(コスト)、D(納期)です。ERPコンサルタントは、導入作業を支援した企業が、ERP導入の所期の目的を達成したかどうかには関心がない、関わらない ビジネスの仕組みになっているのです。

”弊社の特長” に含まれている記事をご覧になれば、ERPベンダーのERPコンサルタントには提供できない実践的なノウハウ を学ぶことができます。