ERP導入プロジェクトのリーダーが勘違いしてしまうことの一つに、ERP製品のメーカーが行うERP研修を受講すればERPの導入に必要なスキルは習得できる、という思い込みがある。

ERPメーカー(やERPベンダーのコンサル)が行うERP研修では、採用を決めたERP製品の使い方や操作方法を教えるだけだ。

  • ERPメーカーのERP研修を受講しても、必要なスキルは習得できない。

会計機能の研修では、受講者に簿記の知識があることを前提にしている。

生産管理機能の研修では、受講者はMRPを理解している必要がある。

その講座が前提としてる業務知識がないリーダーが、会計や生産管理向けのERP研修を受講しても、講座終了後に取り組む演習問題が全く解けない。

なので、リーダーは、前提となっている業務知識を、あらかじめ習得しておく必要がある。現実には、短期間で不足している業務知識を理解することは極めて困難だ。

  • リーダーが、業務知識やERPの導入に必須の知識を短期間で習得する秘訣

弊社が製作した『ERP管理者 養成講座』は、リーダーに必須でもERPコンサルには提供できない実践的で不可欠なノウハウを網羅している。

プロジェクトのオーナーは、高額な投資が必要なERPの導入失敗を、未然に防ぐために、リーダーに『ERP管理者 養成講座』を受講してもらってください。