社内の基幹システムをERPで再構築する場合、ERP独特の導入方法論を用いる必要がある。現実には、ERPの導入方法論を習得していないERPベンダーが多く、スクラッチ開発手法を用いている場合が多い。

これが、ERPの導入に失敗する企業が多い根本原因の一つだ。

◎ スクラッチ開発とは

ERP製品がなかった時代から使われている手法で、システムをゼロから開発するので、①要件定義、②プログラムの設計/開発、③テスト、④ユーザー教育、⑤本番稼働、が主要な工程だ。

◎ ERPを用いた再構築とは

 プログラムは既に出来上がっているので、①ユーザー教育、②パラメータ(機能)の選択設定、③帳票類の追加開発、④テスト、⑤本番稼働、が主要な工程だ。

尚、ERPベンダーがERPの導入方法論を用いているかどうかは、提案書に記載される “ユーザー教育” を行う時期を見れば簡単に判断できる。

◎ ERPの導入方法論を学ぶには

弊社が制作した 『ERP管理者 養成講座』 の講座7「ERPの導入方法論を理解する」で実践形式で指導している。社内でERPの導入を推進するリーダーがERPの導入方法論を習得していればERPコンサルタントを指導できる立場に立てるので、導入プロジェクトの主導権を握ることができる。