7割の企業が、導入したERPに不満を持っています。4割の企業が、導入したERPを他のERPに入れ替えたり入れ替えを検討しています。

この調査結果から、ERPへの投資効果を実感できている企業経営者は少ないことが分かります。

ひょっとして、御社にも当てはまるのではないでしょうか?

こうなってしまっている原因は、いくらでも考えられます。

例えば、導入したERPの機能が不十分 (だとERP管理者から聞いている)。

ERPの導入を支援したITベンダーの力量が足りなかった (とERP管理者から聞いている)。

そんな風に思っておられるとすれば、その判断は的を得ていない可能性がありまう。

御社のERP管理者が、ERPを活用できるかどうかを大きく左右している からです。

現状を打開する対策は、いろいろ考えられます。
しかし、根本的な対策は、一つしかありません。

それは、社内のERP管理者のスキルを高めること です。

ご承知のように、ERPが担っている基幹業務システムは、企業経営の根幹をなす業務処理の仕組みです。その仕組みがしっかりしていることで、顧客満足度を高めるために効果的な施策を講じたり、競争に打ち勝つための施策を講じたり、迅速で的確な経営判断を行ったりすることができるようになります。

ここまで読まれた経営者の方は、導入したERPに強い問題意識をお持ちのはずです。

今すぐ取れる行動を、以下に示します。

  1. ERPの導入・活用ノウハウ から、関心がある項目をお読み下さい。
    • 口語体で、読みやすくするための工夫をしています。
    • 読者は、“誠実さ” や “情熱” を感じる方が多いようです。
  2. 私の実体験 を、すべてお読みください。
    • 私の生々しい実体験が、書かれています。
    • 私の力量(信頼できそうかどうか)を、ご理解いただけるはずです。
  3. 社内のERP管理者にERP管理者 養成講座』 の受講を勧めてください。

  理由は、2つあります。

  1. 私が、20年以上の期間で習得したノウハウを体系化した教材なので、ERPの導入・活用に必要不可欠なノウハウを短時間で習得できます。
  2. ERPの導入・活用ノウハウ の記事だけでは、体系的な理解が難しいからです。

   相談されたいことがありましたら、遠慮なく ご連絡ください。

   無料相談のネライは、3つあります。

  1. 私のERPに関わる力量を、ご判断いただくこと
  2. 信頼関係が築けそうかどうかを、お互いに判断すること 
  3. 現状のERPに関わる課題を打開する実践的な助言をさせていただくこと

行動されることで、ERPへの投資コストを回収しませんか? 

私は、御社のERPに関わる課題の解決を、全力でご支援する覚悟があります。

ご相談は、こちら からお気軽にどうぞ